www.hikarifiber.jp

皮膚科の肉割れを治すレーザー治療の値段や効果は?

レーザー治療と一口に言っても、使う機械の種類によって機械から出される周波数が違いますので、効果や費用などに大きな違いがあります。

 

一般的にレーザー治療では妊娠線はもちろん、傷跡やケロイドを消すことができるといわれていて、今のところ、自宅ではケアできない部分を綺麗にできる最終手段といわれています。

 

レーザーの光を肌に照射することで、肌に極小の孔を開けます。
孔を開けるといっても、目視では確認できないほどの微小な孔ですので、出血することはほとんどありません。

 

機械によってはわずかに痛みを感じることもあるようですが、傷跡となって残るほどの大きな孔を開けるわけではありませんので、痛みの心配はほとんどありません。

 

肌に孔を開けることで、真皮のコラーゲンの再構築を促します。
孔を塞ぐときに起こるコラーゲンの再構築に際し、新しいコラーゲンが増えますので、皮膚の凸凹が滑らかに変化していきます。

 

レーザー治療と言えば、シミや脱毛で「メラニン色素にダメージを与える」というメカニズムはご存知でしょう。
肉割れの治療はこれとは違い、メラニン色素にダメージを与えるレーザービームではなく、肌にあえて傷をつけることで肌の再生を促す仕組みになっています。

 

肉割れはすでに真皮の中で瘢痕組織と呼ばれる再生組織が出来上がっています。
瘢痕組織を綺麗な組織と入れ替えるには時間がかかりますので、1年以上通うケースが多くなっています。

 

施術後には痛みがほとんど残りませんが、目に見えて肉割れの跡が消えるようになるまでには時間がかかります。

 

どこでレーザー治療を受けられる?

 

美容外科や美容皮膚科でレーザー治療を受けることができます。

 

レーザーと一口に言っても、サーマクール・フラクセルレーザー・ヤグレーザーなど、使う機械の出すレーザーの周波数(エネルギー)によって肉割れへのアプローチの方法が変わりますので効果に差があることがあります。

 

レーザー治療では麻酔を使わず、治療後はすぐに日常生活に戻れますので、一般の手術と比べて手軽に受けられる点がメリットですが、肌に高エネルギーの光を照射して傷をつけていく治療ですから、実績がある病院やクリニックを選ぶことが大切です。

 

レーザー治療の経験が少ないクリニックでは、レーザーの照射時間やレーザーのパワー調整が上手くいかずに「火傷」を起こしてしまうケースも後を絶ちません。
肉割れはレーザー治療の中でも長く通って根気よく治療していくことが大切ですので、信頼できるクリニックを見極めることが重要になります。

 

一般の皮膚科でも最近では治療にレーザーを取り入れる病院が増えてきました。

 

しかし、この場合でも傷跡を消すことや妊娠線を綺麗にすることは保険適用外となり治療費が高額になりますので、事前にしっかりと確認することが大切です。

 

レーザーの種類と費用

レーザーの何倍ものエネルギーを持つ光を照射して肌の再生を促すのが「サーマクール」と呼ばれるレーザーです。

 

エネルギーが高いことで、真皮だけでなくその奥の皮下組織や脂肪組織にまでレーザーを届けることができますので、同時にたるみを解消することもできるレーザーとなっています。

 

フラクセルレーザーは、皮膚を入れ替えて新しい皮膚を作り出すことのできるレーザーです。

 

真皮に小さな孔を開け、コラーゲンの生成を促して新しい皮膚を作り出します。

 

現在、多くの美容外科や皮膚科で用いられているレーザーです。ヤグーレーザーは他のレーザーよりも長い波長を持つレーザーで、反射を起こす作用があるため肌の深部にレーザーを届けながら、反射作用で古い角質層を内側から刺激してはがれやすくして、肌の新陳代謝を促すという特徴を持ったレーザーです。

 

長い波長は血管に包み込まれるという特徴を持っていて、照射すると血管が温まり血流を改善することもできます。

 

美容外科によっては、レーザー治療の他に炭酸ガス治療を行う病院もあります。こちらも肌へのアプローチはレーザーと同じで、炭酸ガスを肉割れのできている真皮に注入することで肌の再生を促して肉割れを消していく方法です。

 

気になる治療費ですが、一般的にはレーザー照射1センチ四方で5000円から1万円の設定になっている病院が多くなっています。

 

金額の差があるからといって、技術に差があるとは限りません。
費用も大切な選択条件ですが、年間でどのくらいの実績があるのかについてもしっかりと調べてクリニックを選ぶようにしてください。