www.hikarifiber.jp

ソンバーユ(馬油)は肉割れ対策にも有効?

馬油は昔から、火傷や肌荒れ、ひびや切り傷などの民間治療薬として親しまれてきました。

 

食用で使えるほど安全性が高く、アトピーやニキビの治療薬として漢方を取り扱う病院でも馬油を処方することがあります。
馬油は人間の皮膚には欠かせない「皮脂」に最も近い成分の構成をしています。

 

馬油自体はべっとりとぬるぬるしたクリーム状の油ですが、肌に塗ると不思議とすぐにサラサラになります。
肌の上で変化を起こしたのではなく、馬油が持つ強力な浸透力によるものです。

 

人間の皮脂と非常に近い性質を持っているので、角質に浸透しやすくなっています。
浸透する時に内部の空気を押し出し、肌内部での酸化を防ぐという働きもあります。

 

馬油で細胞間が満たされることで細菌が入り込む隙間を作らず、中にいる細菌を囲い込んで窒息させることで殺菌するという特徴もあります。
また、熱を取り去る力が強いので抗炎症作用も期待できます。

 

さらに、とても伸びが良く、広い範囲に素早く皮脂膜を作ることができるので、保湿効果も得られます。完全な自然由来の成分ですから、薬のように副作用が起こらず安心して使えるという点も大きな特徴です。

 

ソンバーユとは

福岡県筑紫野市で生まれたと言われる馬油を、化粧品として発売したのが株式会社薬師堂です。

 

その薬師堂のヒット商品が「ソンバーユ」です。
タレントや芸能人がブログで愛用していることを公表すると、購入個数の制限が掛かるほど人気が集中しました。

 

馬油を使った商品は世の中にたくさん出回っていますが、ソンバーユで使用している馬油はすべて成分無調整となっています。

 

馬油商品の中で、「部分水素添加馬油」と呼ばれる馬油を加工した成分を使用したものもあります。
部分水素添加とは、馬油に水素を添加して馬油の持つ脂肪酸組織を組み替えて性質を安定化させたものです。

 

つまり、馬油とは全く違う成分になってしまっているということです。
また、ソンバーユに配合されているスクワレンも、サメの肝油から抽出された純粋なオイルを使用しています。

 

ソンバーユは、純粋な成分で肌への高い安全性を意識した商品ですので、赤ちゃんにも使える馬油商品として長く愛され続けているのです。

 

肉割れに効くのか?

ソンバーユの効果効能のひとつに、肌トラブルを防ぐ、というものがあります。

 

肉割れも肌トラブルの一種ですが、肌荒れやニキビのように肌の角質層で起こっているトラブルではなく、真皮という肌の深い部分にまで傷が達しているトラブルになります。
真皮にまで達した傷は、傷跡となって残ることが多く、傷跡が消えにくいのが特徴です。

 

肉割れも真皮が回復しようとして傷跡をつくってしまうので、肉割れの跡を消すことは簡単ではありません。
ソンバーユには殺菌作用や炎症を抑える作用の他に、高い保湿力があります。

 

そのため、肉割れを起こす前の皮膚には「肉割れ予防」としては使用しても良いでしょう。

 

肉割れを起こす前に、しっかりと保湿して肌の弾力を高めることで肉割れを予防することができるのです。
しかし、一旦肉割れができてしまうと優秀なソンバーユでも傷跡を消すのは難しいと考えましょう。

 

大切なのは保湿で肉割れを予防することです。
ソンバーユのような浸透力の高い商品であれば、肌の奥まで潤いを保つことができますので、肉割れ予防には効果的といえます。