www.hikarifiber.jp

肉割れが出来る原因とは?

肉割れが出来る原因は、皮膚が急激な内部の膨張や筋肉の膨張によって裂け目が出来ることで起きます。

表面の皮膚が急激に引っ張られて薄く伸ばされた状態になると、肉割れ線となって残ってしまいます。

筋肉を過剰に鍛えたり、使いすぎた場合も肉割れの原因になります。

何らかの原因で皮膚が強制的に引っ張られ、皮膚に線が出るのが肉割れです。

その原因は身近に潜んでいて、よくあるのが急激な体重増加です。

肉割れで一番多い原因は肥満が原因によるもので、急激な肥満により皮膚が引っ張られると、皮膚の表面に赤っぽい線が出てきます。

肉割れは脂肪の付きやすい、太ももやお腹、お尻に発症しやすいので、体重が増えてしまった人は、特にこの部分に注意してセルフチェックする必要があります。

成長期にも肉割れはできやすく、成長期は代謝も活発なので注意が必要です。

肥満と違って成長期の肉割れは避けることができないので、日頃からのケアが大切です。

肉割れは、妊娠によってもできます。

妊娠して腹部が大きくなり、その膨張についていけなくなった肌内部の真皮が傷付くことで肉割れが発生します。