www.hikarifiber.jp

胸(バスト)の肉割れ

胸(バスト)も肉割れや妊娠線ができやすい部分です。

 

どうして胸(バスト)の肉割れは起こるのでしょうか。

 

成長期に急激に胸が大きくなることで肉割れになったり、妊娠中や授乳中に胸(バスト)が急激に発達して肉割れを起こすことがあります。

 

肌の表面は、急に引っ張られても破れてしまうことはありませんが、肌の内側の皮下組織は断裂してしまうことがあります。

 

同じように急激に胸が大きくなっても肉割れを起こしやすい人と起こしにくい人がいます。

 

普段から、お肌をケアして保湿を心がけていたりマッサージで柔らかくしておくことで肉割れを起こしにくくします。

 

もし、肉割れをしてしまっても、日頃から保湿や弾力を持たせるためのマッサージをしていれば、目立たない程度にすることも可能です。

 

すでに胸(バスト)が肉割れしてしまっている場合でも、保湿やマッサージでケアをすることで胸(バスト)の肉割れを目立たなくすることはできます。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、皮下組織の修復を助ける栄養素を十分に補給するのもおススメです。

 

ナノ化されたヒアルロン酸やコラーゲンをボディークリームとして塗ったり、ドリンクタイプやサプリメントで飲むことも可能です。

 

美容クリニックに行けば、胸(バスト)の肉割れを目立たなくするような治もありますので肉割れが目立ってしまっている人は相談してみても良いでしょう。